トップ研究者インタビュー

論文翻訳・日英翻訳・翻訳会社

エナゴの疑問はここから始まりました。

明治時代、夏目漱石が海外に留学した当時、英語が通じなかったために一人前の人間として扱われず、精神的に追い詰められた末に帰国を余儀なくされたことは有名です。英語を母国語としない私たち日本人には、英語の壁は昔も今も、どんな優秀な頭脳の持ち主の前にも同じように立ちはだかります。しかし、学術界の世界共通言語が英語であると広く認められるようになった現代は、漱石の時代よりもシビアかもしれません。今や研究者は当然のように英語を操ることを期待され、英語論文の数で研究者の値打ちが評価される時代です。

英語を身につけない限り一流研究者の切符は手に入らない。そんな状況の中で、トップ研究者も漱石のように英語の壁を前に身もだえし、必死の思いで乗り越えようと苦労した過去があるのではないか。私たちはそう考え、研究者を訪ね歩いて英語論文との格闘秘話を聞く旅に出ることにしました。訪ねた人々は、エナゴが純粋に「この人の話を聞いてみたい」と思った著名研究者たちです。そしてどの研究者も、英語との闘いという座標軸から半生を見つめ直し、率直に語ってくださいました。

この貴重な体験談がこれから英語論文を執筆する皆様の励みとなり、先達のアドバイスとして生かしていただけることを願っています。

※英文校正エナゴは、弊社翻訳ユレイタスの姉妹ブランドです。

翻訳サービス・英訳・英文翻訳 当インタビュー企画が本になりました!タイトルは「英語のバカヤロー!『英語の壁』に挑んだ12人の日本人」。当ウェブにすでに登場した先生を含む全12人の方々が、英語の失敗体験を振り返りつつ、独自の「英語論」を語ります。

登場人物
養老孟司(解剖学者)、竹中平蔵(経済学博士)、中村修二(電子工学者)、上野千鶴子(社会学者)、坂東眞理子(女子大学学長)、 浅野史郎(前宮城県知事)、明石康(元国連事務次長)、本川達雄(生物学者)、酒井啓子(中東研究者)、松沢哲郎(動物心理学者)、古川聡(宇宙飛行士)、福島孝徳(脳神経外科医)