学術翻訳サンプル・技術・ ビジネス・医療・工学 ・心理学・経済学・農学・化学

国際的に著名な英文誌の査読者が、厳格な査読プロセスとその基準に沿って、投稿前の論文を事前査読(ピアレビュー)するサービスです。高度な専門性を持つ第三者による論文査読を通じて論文の改善点を把握できるため、完成度をさらに高めてジャーナル投稿に臨めます。

ユレイタスのプレ査読はここが違う
査読者は3名まで選べます。複数名を選べるのはユレイタスだけです。複数名による査読は、多くのジャーナルが採用している手法で、様々な角度から異なる意見を得られます。また、ジャーナルから採択可否の結果を受け取るまで通常2~3か月を要しますが、このサービスでは、複数の査読者を選ぶ場合でも7日以内に納品いたします。

お客様にご提出いただくもの

  • 原稿
  • 投稿予定のジャーナル名とジャーナル投稿規程のURL(お申込みフォーム内に記載いただきます)

プレ査読サービスの内容

以下の観点で査読が行われます。

  • 著名ジャーナルの査読プロセスとその査読基準に従い、投稿先ジャーナルとの適合性を詳細にチェック
  • 研究計画の健全性、Method(方法)の記述の仕方、同じ専門分野の研究者に与える影響、研究倫理、十分なデータ分析など、すべての研究要素を検証
  • 章ごとに修正点や問題個所を指摘し、その解決策を提示
  • 発表内容の明確さ、順序や構成、結論を裏付ける証拠、文献レビューの妥当性などの観点でのチェック
  • 不採択になるリスクを最小限にするために、投稿先ジャーナルとの適合性を詳細にチェック
  • 論文をより簡潔にまとめ、成果を際立たせるための改善策の提案

納品物

査読者による見解やコメントが含まれた包括的なプレ査読レポート

納期と料金

1本の論文の査読に対する料金と納期をご案内いたします。さらに早い納品をご希望の場合は publish@ulatus.comまでお問い合わせください。

論文投稿パックには、査読者1名のプレ査読を無料オプションとして追加いただけます。(査読者の人数を追加いただく場合は、追加料金にて対応いたします。)

  査読者1名の場合 査読者2名の場合 査読者3名の場合
納期 7営業日
料金
(1論文あたり)
45,000円 75,000円 100,000円
publication-support-auto-quote-call-to-action

ご利用の流れ

  • お見積り・ご依頼
  • 作業を開始
  • レポートの納品
  • お支払い
  • アフターサービス

プレ査読サービスを個別注文した方はこちらも合わせて注文しています

ジャーナル選択

プレ査読の前に、選んだジャーナルが適切かジャーナル選択で確認。

代理投稿

プレ査読で論文を改善し、投稿準備が整ったら、代理投稿でスムーズに投稿完了。
 

投稿規程チェック

プレ査読レポートに沿って論文を修正したら、投稿規程チェックでジャーナルの規程をクリア。

よくあるご質問

お客様より頻繁にいただく質問をリストにまとめました。このほかにもご質問があれば、publish@ulatus.com へお問い合わせください。担当者よりお答えいたします

お客様の論文についてジャーナルへの投稿前に、論文の新しさ、研究テーマ設定のわかりやすさ、報告方法、専門分野への重大性、倫理的な健全性、データ分析の充足性、ガイドラインの順守、といったすべての研究要素を評価し、アクセプトの可能性を少しでも高められるよう査読者がアドバイスするサービスです。
いいえ、プレ査読サービスでは、ジャーナルの選択は行っておりません。査読者は論文中の言葉や研究のクオリティを吟味し、フィードバックを行いますが、どのジャーナルがもっともふさわしいかを提案するには、別の観点から検討する必要があるからです。最適なジャーナルを選択するためのサービスは別途ご用意しておりますので、ぜひご利用ください。>> ジャーナル選択サービス
はい。ご不明点がある場合や査読者のコメントに疑問がある場合など、いつでもご質問いただけます。
数値による評価では、原稿の内容や改善が必要な箇所、改善方法を具体的に示すことができません。このサービスでは、実際のジャーナルで査読者が行っているのと同様の、専門家によるフィードバックと具体的な改善の提案が行われます。事前の第三者からフィードバックをもとに、お客様ご自身では気づかなかった箇所の修正、改善がなされ、ジャーナルによる受理の可能性を高めることを目的としています。
いいえ。査読者は論文の内容を改善するためのアドバイスを行いますが、参考資料などの提供は行っていません。
通常のジャーナルと同様、査読者からのコメントのうち、気になる部分についてご質問をお寄せください。査読者が対応いたします。
いいえ、査読者が原稿に手を加えることは一切ありません。査読者は、問題点や改善点についてまとめたレポートを作成します。
複数名の査読により、様々な観点からの多様な意見を得られるというメリットがあります。