カテゴリーアーカイブズ: 研究室の荒波にもまれて

「Shut Up & Write」:黙って書けってどういうこと?

オーストラリア国立大学のインガー・ミューバーン(Inger Mewburn)准教授が、大学院で勉学に勤しむ学生さんにお役立ち情報をお届けするコラム「研究室の荒波にもまれて(THE THESIS WHISPERER)」。今回は、アメリカで巻き起こったユニークな運動の紹介です。

友人が教えてくれた「Shut Up & Write」運動は、アメリカで生まれた執筆するために集まるという活動です。やり方は実に単純。グループのメンバーが、特定の場所、大抵はおいしいコーヒーのある場所に集まって15分間ほどおしゃべりをした後、静かに書く。ひたすら書く。黙って1時間書いたらコーヒー休憩をしてから、またおしゃべりして終わり。

私自身は、ドアを閉めて電話やeメール、SNSなどすべての通信手段を閉ざして引きこもって文章を書くタイプなので、他の人と一か所に集まって文章を書くのはとても非論理的だと思ったのですが、結構な人数が参加して、しかもこの活動が継続していることが気になって、実際に自分でやってみることにしました。

まさにこの原稿を、キャンパス内のお気に入りのカフェに座って書いています。私の向かい側には、「The Research Whisperer」ブログの制作者であるジョナサン(Jonathan)がいます。私たち二人は20分ほど前に集合して、少し新聞を読み、コーヒーを飲んで、eメールのチェックをして、ついでに雑談もしました。そしていざ、携帯のタイマーを25分にセットしてから黙って書き始めたのです。

[残り時間 21:18分]

妙なことですが、絶え間なく聞こえてくるJonathanのタイプ音が、私自身も執筆作用中であることを自覚させ、私の指を動かし続けます。カフェの雑音はまったく気にならないどころか、心地よくなっています。独りではないと思えること……でも、これだけがShut Up & Writeがずっと人々に受け入れられている理由ではないはずです。

ジョナサンを見ると、キーボードを打つ手を止めてマウスを使って何かしています。ここでふと「これってジムでエアロビクスのクラスを取っているときの感じみたい」と気付きました。既に指は少し疲れているのに、しかも今座っている椅子はタイピングをするには少し高くて快適とは言いがたいのに書き続けている状況は、エアロビクスクラスの後ろで動きについてこられない太めで不健康な人のように見られたくないために体を動かし続けているのと似ていると思ったのです。何かを続けさせる推進力は人の目によるプレッシャーです!

「timeboxing」または「timeboxed」と表される時間管理手法は、それぞれのタスクに取り組むための時間「タイムボックス」を確保するというアイデアです。タスクを細分化し、それに費やす時間を制限することにより、大きなタスクをやり遂げるだけでなく、タイムボックスを強く意識して作業を進めることが生産性を高めるとされています。小さなゴール(作業目標)を設定したらタイマーをセットし、すぐに開始することができます。

私の場合、Shut Up & Writeに関するブログを書くというタスクに対し、Shut Up & Writeを実践してみた訳です。このテクニックをうまく使うための重要なのは、タスクの切り分け方です。特に、論文を作成するというような大仕事の場合、タスクの分割は必ずしも簡単とは言えません。

[残り時間14分20秒]

論文執筆全体をひとつの作業と考えたら頭がパニックになってしまうでしょう。そんなとき、タスクを分割してタイムボックスに落とし込むことは、できるだけひとつの作業を集中してやり遂げることを促してくれます。例えば、25分という時間を区切って小見出し分の文章を書いたり、少量のデータ分析をしたりできるのです。

ジョナサンは手を止めて宙を見つめています。考え事?あるいは行き詰った?私が書き続けていることが彼の集中を助けることでしょう。私も書くことに疲れてきているので、制限時間が来た後に彼と話しをするのが楽しみになってきました。

[ここで約4分間の編集]

作業効率以外でタイムボックスが役立つとされているのは、完璧主義に関わることです。私は自分が完璧主義だと言えるほどではないと自覚していますが、より良い文章にしたいがために作業が停滞してしまう「2歩進んで1歩下がる」の落とし穴に陥ってしまうことがあるのも分かっています。朝、書こうと思っているすべての題材を頭に浮かべて書き出しても、すぐに最初のパラグラフで「ちょっとした編集」をしていたりするのです。引用をチェックしたり、引用したすべてのニュアンスが正しいかを確認したりしているうちに時間が経過し、次のパラグラフに到達する前に昼になってしまったり。そんな私にとって、それぞれのセクションごとに具体的な目標を設定するタイムボックスは、落とし穴に落ちないようにするのを助けてくれます。

[残り時間1.01分…]

少なくとも、このブログ記事を作成するのにShut Up & Writeはうまく機能したようです。カフェにいた他人や雑音は消え、見えたのはキーボード上の自分の指、聞こえたのはJonathanのタイプ音ばかり。目標に向かって緊張感を持って作業することができたことは、この記事を完成させるのに大変役立ちました。また来週の金曜にやろうと思っているぐらいです! 編集後記:Shut Up & Writeで記事を作成するのがとてもうまくいったので、その後、毎週金曜の朝、大学キャンパスのカフェで誰でも参加可能なグループミーティングを開催するに至っています。

原文を読む: https://thesiswhisperer.com/2011/06/14/shut-up-and-write/

文献検索の達人になるコツ:キーワード

オーストラリア国立大学のインガー・ミューバーン(Inger Mewburn)准教授が、大学院で勉学に勤しむ学生さんにお役立ち情報をお届けするコラム「研究室の荒波にもまれて(THE THESIS WHISPERER)」。今回は、文献検索の達人になるためのコツのお話です。

博士号取得に文献検索のスキルは必須であるにも関わらず、「どうやって」を明確に習うことはあまりありません。そのため多くの学生が「正しい」方法で文献検索を行っているのか不安になりつつ、今さら指導教官に聞くのも……と思っているようです。今回は文献検索のやり方を説明するので、不安を払拭するのに役立ててください。

文献検索スキルは、博士課程(PhD)における「hidden curriculum」だと言われています。日本語では「隠されたカリキュラム」または「潜在的カリキュラム」と訳されていますが、教育者側の意図に関わらず、学習者が自ら学び取っていく事柄を指しています。つまり、学生は自らが置かれた環境や、学術界での常識や価値観の中で過ごす間に文献検索スキルを「当然習得しているべき」となっているのです。だからこそ、実は徹底的かつ効率的に検索する方法を理解できていないのではないかとの不安が生まれるのはないでしょうか。

幸いにして、インターネット上には文献検索をどのように始めたらよいかの情報が多数掲載されていますし、多くの大学や図書館は文献検索の指針や学習コースを提供しています。オーストラリア国立大学(ANU)でもSNS上にたくさんの有用サイトの情報を提供しています。ただ、情報提供だけでは埋められない部分が残っているのも事実です。

例えば、多くの場合、検索の最初のステップとして「キーワード」を使いますが、そのキーワードをどうやって考え出す?推定する?おそらく、今までは推定したキーワードを使って検索していたことでしょう。しかし、キーワードは、体系的かつ創造的に選ぶ必要があり、ここが難しいところです。実際、文献検索とは長年の学習によって培った知識に裏付けられた思考プロセスが要求される作業なのです。

ここでは、私が実践している文献検索方法をひとつ紹介します。

まず、研究の懸案事項とリサーチクエスチョン(研究課題)から入りますが、ここでの具体例として以下の課題を挙げます。

安全に対する懸念は、ジャカルタのような大都市で女性が交通手段を選択する際、どの程度の影響を及ぼすか この課題につき、スパイダー・ダイアグラム(情報を整理し線画などで幾何学的に図示する手法、以下の図参照)を作成して、派生する質問を作成し、検索の範囲を広げていきます。派生する質問への回答が、根本的な質問の回答につながるように質問を考えます。

私は派生する質問を3つ作成しました。質問数を限ることによって、論点を分類しつつ焦点を絞り、タスクが手に負えなくなることを防ぎます。次に、派生する質問を順番に見ていきます。右上の円には「他の大都市では女性が通勤にどのような交通手段を使用しているか」と書かれているので、この質問について最初の推測をします。この質問に関連する記事を図書館で見つけたら、その棚のラベルを見ます。例えば、下図のようなラベルが付いているとしましょう。

ここでは「大都市での通勤」、「女性と交通」、「小都市での通勤」といった3つが提示されています。それぞれのラベルに付いている説明を見てみます。

ここで「大都市での通勤」を背景題目(background topic)と位置付けます。これを検索に使うと文献が見つかる可能性が高まり、同じ分野の研究者からの信頼も得やすいと考えるものです。2つ目の「女性と交通」は明瞭題目(obvious topic)と位置付けます。この語句をキーワードにすれば類似の題目を対象にしている研究者を見つけることができるでしょう。3つ目の「小都市での通勤」は、私がひっかけ題目(going fishing topic)と呼んでいるもので、意図的に反語を検索に入れ込むことで、今まで見落としていた何か面白いものが引っかかるかもしれないという期待を込めています。釣り竿を垂らしたら魚が引っかかった!と喜ぶようなものです。これは、体系的な創造性を意図的に行動につなげることの一例です。 以下が実際に学術論文検索用エンジンGoogle Scholarで‘women and transportation’を検索してみた結果です。

すべての表示は予想どおり関連した題材ですが、最後に表示された“En-Gendering Effective Planning: Spatial Mismatch, Low Income Women And Transportation Policy(仮訳:新たに作成される効果的な計画:空間的不一致、女性の低所得、交通政策)”には興味を惹かれます。画面コピーでは見づらいですが、重要なのはハイライトを付けた引用数です。引用数が多いことは、この記事が役に立つと思われていることを示しています。一般的には、引用数が多いほど影響力も多いと考えられるため、引用検索は、該当文献の影響力を評価するのに最適な基準のひとつです。とはいえ、多くの人が異議を唱えるような場合や、不正に引用されているような場合などでも該当論文の引用数が多くなることは留意しておく必要があります。

この論文をさらに探ってみると、私の研究プロジェクトに役立ちそうな記事が表示されました。 最後に‘commuting in small cities’で「ひっかけ」検索もやってみます。その結果、以下の私の研究とは反対のことが表示されました。

この中にも有望な記事が見受けられます。‘wasteful commuting(仮訳:無駄な通勤)’の考え方は補足的に役立つかもしれません。ひっかけ検索では、思わぬ掘り出しものが見つかる可能性があるので、辛抱強く情報を見ていくことがコツです。例えば、リストの末尾に見つけた‘the economics of urban sprawl(仮訳:都市のスクロール現象における経済性)’はかなり引用されていることが分かります。どんな人がこの記事を読んでいるのでしょうか。

さらに進めると、ここで示した画面の上から3つ目に文献レビューが出ています。文献レビューに注意深くキュレーティング(収集・集約・整理)された文献のリストや批判的解説などが掲載されていればラッキーです。このように、反対の意味を示す語句などで検索することで欲しい情報を見つけ出すことができることもあるのです。 面白いものを探し出す作業に失敗はありませんので、いろいろ試してみてください。

原文を読む: https://thesiswhisperer.com/2015/05/13/how-to-become-a-literature-searching-ninja/

論文テーマの妙案はどこからやってくるの?

オーストラリア国立大学のインガー・ミューバーン(Inger Mewburn)准教授が、大学院で勉学に勤しむ学生さんにお役立ち情報をお届けするコラム「研究室の荒波にもまれて(THE THESIS WHISPERER)」。今回は、妙案はどこから湧き出してくるのかという話です。

博士課程(PhD)の論文は、「知識を集積することに対し意義深くかつ独創的な貢献をするもの」と考えられていますが、何が「独創的」なのか実用的に語られることはほとんどないため、学生にとってはプレッシャーになっているかもしれません。

イステル・フィリップス(Estelle Phillips)とデレック・S・プー(Derek.S. Pugh)による著書『博士号のとり方[第6版]―学生と指導教員のための実践ハンドブック―(How to get a PhD)』は、独創的な研究とはどうあるべきか、16の手法を説明していますが、残念ながら「独創的なアイデア」がどこから出てくるかは説明してくれていません。別の本も見てみましょう。キャリー・J・デンホルム(Carey Denholm), テリー・エバンス(Terry Evans)による著書『Doctorates Downunder: Keys to Successful Doctoral Study in Australia and New Zealand』には、博士課程を修了させるために有用な時間管理の方法や実験を充実させる方法などの提案が多数掲載されていますが、研究の「独創性」については触れていません。論文を書くために十分に新鮮で、今までにないようなアイデアを生み出すことこそが必要なのに……そのためのアドバイスはどこに書かれているのでしょう。なぜ多くの本を見ても、書かれていないのか?専門分野について十分な知識を有していれば新たなアイデアがいつの間にか浮かんで来るか、知識を積みさえすれば自然に創造力のある研究者になれるとでも言うのでしょうか。

もっと良いアイデアや研究課題に対する解決策が浮かぶようにするには、どうしたらよいのか、何か出来ることはないか記した本をと探したところ――研究について創造性を生む方法を書いた本がありました。私のお勧めは、ロナルド・バート(Ronald Burt)による『Social origins of good ideas』です。

この本の著者バートは、管理者間のネットワーク討論の性質を調査した結果、サプライチェーンのロジスティクス企業(総合物流企業)にいいアイデアがあることを見つけ出しました。物流会社のネットワークには、ブリッジ(仲立ち)とクラスター形成という特徴が見られました。多数の人が身近な同僚(=クラスター)とアイデアを共有しているのに対し、比較的少数の人がクラスター間で話をつなげるブリッジ(仲立ち)の役割を担っていたのです。

この考え方によれば、いいアイデアを持っている可能性を秘めた小さなグループ間をまたにかけたネットワークを持っているマネージャーが「ブリッジ」です。Burtは、ブリッジが幅広い人たちと意見を交わすことが鍵だと述べています。この考え方にどれほどの汎用性があるかを疑問視するかもしれませんが、Burtの調査結果は興味深いものでした。この考えの背景には、クラスター内では、情報や概念、さらに行動までもが時間とともに均質化する傾向があるということです。確かにみんなで固まっていると言動が似てくることもあります。

Burtの主張する重要な点は、ブリッジが幅広い人たちとアイデアを話し合うということです。ブリッジが頭の切れる思慮深い人であれば、他のクラスターとの会話の中に自分たちの問題の解決につながるアイデアを見つけ出したり、いくつかのアイデアを結びつけることで新しいアプローチを見つけたりすることができるでしょう。アイデアの価値とは、生み出した人によってはなく受け取る人によって決定づけられるものである性質上、ある場所ではありふれた考えであっても、別の場所に移すとすばらしい考えと捉えられる可能性もあるのです。

ここで、PhD学生の皆さんに伺いますが、PhDの研究を進める中で最も多くの時間を費やしていることは何ですか?実験?もしくは他の研究者の報告や論文を読むこと?できれば、同僚や指導教官と話しをする機会を持つようにしてください。実は、それこそがアイデアを生み出すよい方法なのです。そして、昼食セミナーなどの機会に参加してみてください。時間の無駄ではないかって?私もPhD学生の時、誰か知人が発表するのでもない限り、わざわざ自分の作業を中断して昼食時間に設定されたセミナーに参加するのは時間の無駄だと常々思っていました。自分の研究内容に直接的な関連性がある可能性は低いと思っていたからです。ですが、間接的な関連性があるとしたら?いろいろなアイデアを交雑させてまったく新しいアイデアを生み出せたかもしれないチャンスを逃していたのではないでしょうか。

最後にいくつか質問を投げかけさせてください。どうすれば物品の輸出入のように、アイデアを外部から取り入れたり、あるいは出したりする、つまりアイデアの「輸出入」ができると思いますか?どのぐらいの時間、自分の考えについて他人と話しをしますか?何かを考えたり実行したりするのに異なる方法を示してくれるような人はいますか?ただでオイシイ話をしてくれる人はいませんので、他者と持ちつ持たれつの関係を作るとしたら、他の分野の研究者はあなたから何を学ぶことができますか? じっくり考えてみてください。

原文を読む: https://thesiswhisperer.com/2010/06/23/where-do-good-ideas-come-from/

3分以下で論文をアピールする

オーストラリア国立大学のInger Mewburn准教授が、大学院で勉学に勤しむ学生さんにお役立ち情報をお届けするコラム「THE THESIS WHISPERER」。今回のお題は、短時間で要領よく自分の研究論文をスピーチする方法です。

研究成果を短時間にアピールすることが重要だと言われても、具体的にどうすればいいのか?と悩める人に「エレベーターピッチ(elevator pitch)」と呼ばれる方法を紹介しています。ピッチ(pitch)とは、相手に自分のアイデアを説明したり売り込んだりすることで、エレベーターに乗り合わせたような短い時間で分かりやすく効果的に要点を伝えようとする会話術です。

鍵は、聞き手の興味を引き出し、もっと知りたいと思わせることです。エレベーターピッチとは、一般的に30 秒から2分程度の短いプレゼンテーションとされていますが、オーストラリアの大学では「3分間スピーチ大会」が開催されており、本コラムでは3分を目安にしています。2分より長いとはいえ、たった3分にまとめるのは至難の業です。 Mewburn准教授が注目したのは、Chip Heath とDan Heath兄弟が人の記憶に残るメッセージの作り方について書いた著書『Made to Stick: why some ideas survive and others die…』です。どうでもいいような話は一度聞いただけでも覚えているのに、覚えておきたい大事なことは忘れてしまう……ということ、ありますよね。まして、インターネットの普及により情報発信媒体(ウェブページやSNSなど)が飛躍的に増えたことで、情報過多となってしまい、情報量に反比例して人の関心や注目が薄れてきています。関心・注目(=アテンション)の争奪戦が起きている中で、意識的に「アテンション」を集められることが経済的価値を持つという「アテンション・エコノミー」が台頭してきていますが、この状況は学術界でも同様です。研究者が人の意見を聞く時間がますます少なくなっているご時世、如何に短時間で聴衆の注目を集め、記憶に残るスピーチができるかは重要です。では、Heath兄弟の提唱する解決に向けたヒントを見てみましょう。

1 . 研究を始めた原点に戻る

短い時間では研究内容全体を供述することはできません。研究を始めた原点に立ち戻り、この研究をやるべきだと思った理由、この研究に時間をかけて取り組んできた理由を説明します。

2.観客を引き込む

研究の話につながるような、とは言っても観客にとって身近な話題を盛り込みます。難しい題材であっても話の進め方を選べば観客を引き込むことは可能です。例えば、オーストラリアビクトリア州メルボルンにあるロイヤルメルボルン工科大学(RMIT大学)で開かれた会合では、量子力学と暗号学について研究している学生が「クレジットカードを誰かに盗まれたらどうしますか?」と話し出しました。暗号学は難解でも、クレジットカードの安全性には多くの人が関心を持つものです。観客がすぐに話に引き込まれたのは言うまでもありません。

3.観客に関心を持たせる

論文の題材を世の中でホットな話題に結び付けて観客に関心を持たせます。それには2つ方法があり、1つ目が論文の題材を世の中でホットな話題に結び付けること。2つ目は、観客個人の利益につながる話を入れ込むこと。観客にとって「お役立ち」または「お得」な話題を提供すれば、関心を持ってもらうことができるでしょう。

4.アブストラクト(要旨)は具体的に

統計や数字について語るときにも、単に数字を並べるのではなく、具体的にイメージしやすいように表現します。例えば、「人間の腸の長さは7.5〜8.5メートル」と単なる数字で表すのではなく「人間の腸を伸ばした長さは2階建ての建物よりも高い」と言われればイメージがわいてきませんか。数字は忘れてしまっても、思っていたより長いということが記憶に残るかもしれません。

5.「予想外」の要素を取り入れる

人の関心を引くのに予想外の話や驚くような話を盛り込むのも一案です。研究に関連する「信じられないような話」や「予想外の話」をして観客の予想を裏切ることで観客を驚かせられれば、関心を引くだけでなく、記憶に残すこともできるでしょう。

たった3分、されど3分。有効に使うためには策が必要です。「エレベータピッチ」とはよく言ったもので、短い時間で相手に興味を持ってもらえるように、簡潔かつ覚えやすく説明するには、頭の整理と練習が必要です。上述のポイントを踏まえて、スキマ時間に自分の研究内容を簡潔に説明する練習をしてみてください。 では、Inger Mewburn准教授のコラム本文をお楽しみください。

原文を読む: https://thesiswhisperer.com/2010/07/01/how-to-sell-your-thesis-in-3-minutes-or-less/