第16回 “魅”せるプレゼンテーション – チェックリスト!

より多くの人に伝わりやすく・わかりやすい、色覚バリアフリーなスライドを作るために覚えておきたい「CUD: カラーユニバーサルデザイン」について迫る連載シリーズ。第16回目の今回は、これまでにご紹介した色覚バリアフリーの資料作りのポイントを一挙ご紹介します。


ここでは、CUDOによる「CUDチェックリスト」から、学術発表に関係する項目をピックアップします。本連載で取り上げていない内容もありますので、 色覚バリアフリー の発表資料を作成するための参考資料として役立ててください。
 

  1. 色の選び方
  2. ・赤は濃い赤を使わず、朱色やオレンジを使う
    ・黄色と黄緑は色弱者には同じ色に見えるので、なるべく黄色を使い、黄緑は使わない
    ・濃い緑は赤や茶色と間違えられるので、青みの強い緑を使う
    ・青に近い紫は青と区別できないので、赤紫を使う
    ・細い線や小さい字には、黄色や水色を使わない
    ・明るい黄色は白内障では白と混同するので使わない
    白黒でコピーしても内容を識別できるか確認する
     

  3. 色の組み合わせ方
  4. ・暖色系と寒色系、明るい色と暗い色、を対比させる
    ・パステル調の色どうしを組み合わせない。はっきりした色どうしか、はっきりした色とパステル調を対比させる
     

  5. 文字に色をつけるとき
  6. ・背景と文字の間にはっきりした明度差をつける(色相の差では不可)
    ・線の細い明朝体でなく、線の太いゴシック体を使う
    ・色だけでなく、書体、太字、イタリック、傍点、下線、囲み枠など、形の変化を併用する
     

  7. グラフや概念図
  8. ・区別が必要な情報を、色だけで識別させない
    ・明度や形状の違いや文字・記号を併用して、色に頼らなくても情報が得られるように工夫する
    ・白黒でも意味が通じるように図をデザインし、色はその後で「装飾」としてつける
    ・シンボルは同じ形で色だけ変えるのではなく、形を変えて色は少なくする
    ・線は実線どうしで色だけを変えるのではなく、実線、点線、波線など様々な線種と色とを組み合わせる
    ・色情報を載せる線は太く、シンボルは大きくする
    ・塗り分けには、色だけでなくハッチング(地模様)等を併用する
    ・色相の差でなく明度の差を利用して塗り分ける
    ・輪郭線や境界線で、塗り分けの境界を強調する
    ・図の脇に凡例をつけず、図中に直接書き込む
     

  9. 図の解説の仕方
  10. 色名だけで対象物を指し示さない。位置や形態を描写したり、ポインターで直接指し示す
    ・凡例にはなるべく色名を記入するか、凡例を使わずに直接矢印で示す
    ・赤いレーザーポインターは見づらいので緑のレーザーポインターを使用する
     
     
    〜カラーユニバーサルデザイン機構(2009)『カラーユニバーサルデザイン』ハート出版 P.168より抜粋(一部補足)〜
     
     

    Article16_image_RE_色覚バリアフリー
     
     


    参考資料:
    カラーユニバーサルデザイン機構(2009)『カラーユニバーサルデザイン』ハート出版
    カラーユニバーサルデザイン機構『カラーユニバーサルデザインガイドブック』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です